事例を読んで,記録に関する次の記述のうち,適切なものを2|社会福祉士問題集

社会福祉士

Q 84 : 
事例を読んで,記録に関する次の記述のうち,適切なものを2 つ選びなさい。〔事 例〕地域包括支援センターのC社会福祉士は,D民生委員から連絡を受けて,一人暮らしのEさん宅を訪れた。Eさんは,隣人がお金や大切なものを盗んでいってしまうので困ると訴えた。家の中は,片付けができておらず,食事も十分にできていない様子がうかがわれた。なお,D民生委員によると,Eさんは認知症と診断されており,以前は通所介護(デイサービス)を利用していたが,他の利用者との関係が悪く利用を中断した。1 年前に妻を亡くしてからは,近隣とのトラブルが増し,周囲の人が困っているのだという。
1
Eさんの話の内容をクロージングシートに記入した。
2
一人暮らしなので,ジェノグラムにはEさんだけを書いた。
3
近隣住民との関係をエコマップに書いた。
4
Eさんの状態について,C社会福祉士の考えをプランニングシートに書いた。
5
Eさんの多面的なニーズを総合的に理解し,アセスメントシートに記入した。
解説

エコマップとは生態図とも呼ばれる。記録用紙の中心に家族の状況や利用者の状況を書き、利用者と家族を取り巻く社会環境とのかかわりを一定の線や矢印の方向を用いて表すことで状況を図式化して表現する方法で、マッピング技法の1つである。アセスメントとはケアプランを作成するのに、どんな課題を抱えているかなどケアプランに必要な情報を収集し分析することで、その調査に用いるシートをアセスメントシートという。利用者の事を知るためのフェイスシートというものもあり、同じ様式で使っている施設もある。