事例を読んで,B社会福祉士の助言として,適切なものを1つ|社会福祉士問題集

社会福祉士

Q 20 : 
事例を読んで,B社会福祉士の助言として,適切なものを1つ選びなさい。〔事例〕病院の医療相談室の主任を務めるB社会福祉士は,後輩のC社会福祉士から実践事例を研究会で発表するためのアドバイスを求められた。C社会福祉士は,退院後の独居生活に強い不安を抱く入院患者のDさんと一緒にエコマップを描くことで,Dさんの不安を軽減させ,Dさん自身が退院後の生活を前向きにとらえることができるようになった実践事例をまとめようとしていた。
1
事例は匿名化すれば,Dさんからの了承は得ずに事例研究を行ってもよい。
2
この研究は質的研究なので,グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて効果測定のための考察をする。
3
この質的研究では,不安がなぜ,どのように軽減したのか,そのプロセスを丁寧に考察する。
4
一事例の事例研究ではエビデンスにならないので,研究デザインを量的研究に変更する。
5
この研究は事例を使った質的研究なので,単一事例実験計画法を用いてDさんとC社会福祉士の援助関係を深く考察することが有効である。
解説

3 - ○質的研究は、研究対象へのインタビューや観察などから得られた言葉データを利用して、研究を進めていく。Dさんの不安が軽減していくプロセスを考察するのに適している。