設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか|一級建築士問題集

一級建築士

Q 70 : 
設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1
電気設備工事において、二重天井内の鋼製ケーブルラックの支持間隔を2m以内とし、直線部と直線部以外との接続部では、接続部に近い箇所で支持した。
2
配管の埋設工事において、給水管と排水管が平行する部分については、両配管の水平実間隔を300mmとし、給水管を排水管の上方に埋設した。
3
屋内の横走り排水管の勾配の最小値を、管の呼び径75のものについては1/100、呼び径150のものについては1/200とした。
4
軽量鉄骨間仕切壁内に合成樹脂製可とう電線管(PF管)を配管するので、その支持間隔を1.5m以下とし、バインド線を用いて支持した。
解説

給水管と排水管が平行して埋設する場合、両配管の水平間隔を500mm以上あける。