終末期のケアに関連する内容について、より適切なものはどれ|ケアマネージャー(ケアマネ)問題集

ケアマネージャー(ケアマネ)

Q 34 : 
終末期のケアに関連する内容について、より適切なものはどれか。3つ選べ
1
終末期医療では、医師等の医療従事者による適切な情報提供と説明が求められるが、この適切な情報には、療養場所やこれからの過ごし方の選択肢も含まれる。
2
末期がん療養者は、退院時に起居動作ができたとしても、短期間でADLの低下など状態の悪化が予測されるため、介護ベッドの早期導入を計画する。
3
終末期にある療養者の家族に対する予期悲嘆への援助では、積極的に励ます必要がある。
4
末期がん療養者やその家族が在宅での看取りを決断した場合には、入院という選択肢を情報提供する必要はない。
5
終末期においてリハビリテーションを行うことは、療養者のADLの維持、改善により、可能な限り高いQOLを保つとともに、痛みや苦痛を和らげることにもつながる。
解説

3 - 不正解。 励ましは負担や圧迫感を与えてしまうことがあるため、気持ちに共感してあげることが大切で見守り続けることも重要である。

4 - 不正解。 適切な幅広い情報提供が必要。利用できる選択肢については説明を行なうべきである。